みゆき屋の入り口は、少し変わった雰囲気です。
中庭のような入り口に、露天売りの古陶磁達・・・
宿とは思わず立ち寄る方もしばしば。
純粋に骨董を買いに来られる方もしばしば。
こちらが「旅館民宿みゆき屋」です。



また、館内の至るところ(特に旧館も本館も1誡)に骨董が散りばめられています。玄関の上に棚があってそこにも器がズラリ。見つけると『オッ』となる並べ方です。食事処にも陳列棚があって骨董品が入っています。桐箱に入った高そうなものから、ポッと置いてあるものまで骨董に囲まれた宿です。旦那さんが骨董商なので骨董好きな方は是非骨董談義に花を咲かせてみてはどうでしょう。

入り口をくぐると、どこか懐かしいような田舎のおばあちゃんの家にきたような空間が・・・ 湯の蒸気が吹き上がる鉄輪の通りから、一瞬にして時代を飛び越えたレトロな空間に包まれます。よくよく見ると、そこら中に骨董の数々。骨董好きのお客様はこの瞬間からワクワクした気持ちが最高潮に・・・。いらっしゃいませ。


本館客室 ウォシュレット・洗面付


旧館の客室は、本館とまた違った雰囲気の和室で、
レトロでシックな造りとなっております。
4畳半が2室、6畳が3室の計5室ございます。
本館よりもリーズナブルにご利用いただけます。


旧館客室 6畳(昔の畳の大きさなので広々!)